無事に初めての陽性反応が出たときは、本当に嬉しくて・・・ | 大阪の不妊鍼灸治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

患者様の声

Uさん 35歳

無事に初めての陽性反応が出たときは、本当に嬉しくて・・・

大変ご無沙汰いたしております。
感想の手紙を書こうとすると、いろいろな感情を思い出してしまってなかなか書き進めることができませんでした。下手な文章ですが思いつくままに書いてみます。

辻野夢鍼灸院と出会い、産まれてきてくれた娘は、おかげさまで1歳8ヵ月を迎えました。本当にありがとうございました。

結婚してしばらくしてから生理痛がつらくて歩くと鈍痛がすることがあり、近くの産婦人科を受診しました。すると右の卵巣にチョコレート嚢胞があると言われました。
妊娠希望だと伝えるとタイミング指導をしましょうということでしたが、通院のたびに大勢の妊婦さんの姿を見ることや待ち時間の長さに嫌気がさして、自己流でいいんじゃないかと考え通院をやめました。
しかし、なかなか妊娠にはつながらず、妊婦さんの多い産婦人科は行きにくいし、不妊治療専門の病院もまだ早いしなぁと思いながらネット検索していた時に、たまたまホームページを見つけました。
不安な気持ちで問い合わせの電話をすると、院長先生が丁寧に対応してくださり、ドキドキしながら初診に伺いました。
初診の日は、裕子先生が私はおれまで知らず知らずのうちにためこんでいた悩みを聞いて下さって、初対面なのになんでこんなにスラスラ話すことができるんだろうと不思議に思うくらいでした。
話を聞いてもらえてとてもホッとしたことを覚えています。

通院するようになり、私の体はとても冷えていて食生活や運動、ストレスなど日々の生活を見直す必要があると教えていただきました。

しばらくの間は、とても高度な不妊治療に進むのではなく、体質改善をしていくことにしました。
そんななかで、職場環境が変わり、ストレスで精神的につらい時には、平日の仕事終わりに予約を入れて泣きながら話を聞いてもらったり、気持ちを吐き出させてもらいました。
そしてアドバイスをもらって翌日の仕事に向かうということもありました。

夫の仕事は残業が多く、長期間の出張もたびたびあり、タイミングをとるのが難しいという時期が続きました。後から結婚した友人たちから妊娠出産の報告を受けたり、お盆や正月にはたまにしか会わない親戚から孫の顔を見せてあげるのが親孝行だと言われたりして、モヤモヤした気持ちで過ごしていました。
そんな時に夫が海外出張で3ヵ月間不在になることが決まったのと、もうすぐ35歳になるというのをきっかけにして体外受精に挑戦することにしました。
クリニックを紹介してもらって、夫が日本にいる間に採卵をして、出張で不在のときに移植ができたらと通院を始めました。

不妊治療をしていることや、まして体外受精をするということは、夫以外の家族や友人には相談や報告をせずにいたので、不安な気持ちやどのようなステップで進めていけばいいかなどを鍼灸院で相談にのってもらえたのはとても心強いことでした。
夫には最初はあまり理解してもらえていなかったのですが、採卵をする頃には少しずつ協力的になってくれました。
採卵が近づくと裕子先生がNDEでしっかりと温めてくださって、院長先生には自宅でできるお灸のツボを教えてもらったりしました。採卵の日も移植当日も朝一番から治療してもらってポカポカの体でクリニックに行くことができました。
治療の過程はその都度、裕子先生に報告して、無事に初めての陽性反応が出たときは、本当に嬉しくて、連絡をすると先生からもすぐに良かったねと電話をもらえてありがたかったです。
不妊治療を経験したことで金銭的にも精神的にも大変なことが多かったです。
卵胞が育ち無事に採卵できるかどうか、受精、分割して凍結できるか、内膜が厚くなって移植できるかなど、その時々で一喜一憂してはいけないと思いつつもいろいろ考えてしまい感情も揺れ動きました。
不妊治療をしたことは私が親になるには必要な経験だったのだと思います。
まだまだ未熟ですが、これからも娘と成長していけるように努力したいと思います。
お世話になりありがとうございました。
関わって下さったスタッフの方、皆様にも御礼申し上げます。