お子様に恵まれにくい体質のサイン | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

お子様に恵まれにくい体質のサイン

こんな症状はありませんか?

  • おなかや背中の肌色にむらがある
  • おへその周りが黒ずんでいる
  • 目の下にクマがある
  • 赤ら顔、または鼻の頭が赤い
  • 唇が紫っぽい
  • 歯ぐきの色素沈着
  • 青あざができやすい
  • 手のひらが赤い
  • 痔出血
  • ふくらはぎや太ももの血管が浮き出ている(静脈瘤)
  • 肥満
  • 甘い物や脂っこいものが無性に食べたい
  • 以上の症状が思い当たる方は「冷え」が強く、卵や内膜に影響しやすくなっています。

赤ちゃんに恵まれにくい方の症状を東洋医学的に分類

お血証タイプ

  • 生理に血の塊が混じる
  • 生理前に胸にある程度の強い痛みを伴う
  • 生理時に下腹部にある程度の強い痛みを伴う
  • 舌、爪の色がなんとなく悪い

腎虚証タイプ

  • 顔色がなんとなく、くすんでいるように見える
  • 髪が細く弾力が少なく、艶もなんとなく無い
  • 疲れやすい
  • 時々腰痛が起こる
  • 生理が不定期で、時にはなくなったりもする

虚寒証タイプ

  • 寒がり
  • 冷え性である(特に足がよく冷える、冷えすぎて火照ることもある)
  • 顔色がどことなくすぐれない
  • 手を当ててみると、下腹部が冷たく感じる

水分代謝異常(津液)タイプ

  • むくみが出来やすい
  • おりものが比較的多い
  • 生理が不順である

混合タイプ

  • 1~4タイプが混合したもの
※1つひとつの症状はあまりきつくなく、部分的に症状が混在して現れる