40歳以上の方のための不妊治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

不妊治療をお考えの40歳以上の方へ

「高齢だから・・・」と
妊娠をあきらめてしまっていませんか?

*

 「30代後半より卵巣機能の低下が急激に進み卵子が劣化する」という研究結果が公表され、多くの方がご自身の卵子で子供を授かる夢を断念されています。
 年齢により不妊治療の助成金を一律に打ち切る自治体も出てきていますし、AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査の結果が悪く40歳を過ぎておられる患者さんには治療を断るクリニックもあるという話もよく耳にします。

AMH検査とは?

 AMH(抗ミュラー管ホルモン)検査というのは、特定のホルモンの分泌状態から卵巣内に残っている卵子の数を予測する検査です。このAMH検査を「卵巣年齢検査」と思われている方がたくさんいらっしゃいますが、正しくは「卵巣予備能」を予測する検査です。
女性は胎児としてお母さんのお腹にいるときから、その人の持つ卵子数のカウントダウンが始まります。この世に誕生し初潮を迎えた時点では、その方が妊娠のために使える卵子数は既に決まっているということになります。そして、それ以降も月日の流れとともに卵巣内の卵子数は増えることなく一方的に減り続け、カウントダウンが継続していきます。
ですので、AMHの検査結果の値は年齢が増すごとに低くなっていきます。
 当院にも、AMHの検査結果に愕然とされ「もう妊娠することを諦めた方が良いでしょうか」とご相談に来られる方が多くいらっしゃいます。

当院の考え

 私たちは、人の体には個体差があるはずだと考えます。「30代後半より・・・云々」という話に全ての人が絶望的になる必要はないように思います。また、不妊治療においてよく使われる妊娠率や着床率などの確率にも必要以上に囚われないようにすることが大切だと思います。
治療の方針や計画を立てる上で参考にする程度で良いのでしょう。
 ただ、年齢とともに妊娠するための条件がドンドン不利になっていくことは避けられません。ご自分の体をよく知ることと、今残されている卵子を大切に活かしていくことが大事だと思います。

当院の施術方法

当院の治療は「卵巣を若返らせる治療」とよく言われますが、卵巣に残っている卵子を増やすことはできません。残っている卵子を有効に活用できるよう、子宮や子宮周辺の細胞の働きを治療により活性させることで、より妊娠に適した体内環境をつくっていきます。

40代で妊娠された患者様の声(41歳)

結婚後、家業を手伝わなければならない状況になり、仕事三昧の日々だった私が不妊治療を考えだしたのは、40歳をむかえた数ヶ月後、それまで全く不順になったことがない生理が遅れたことがきっかけでした。
急に焦って病院へ行き、検査をしてもらった所、AMHが0.1という酷い状態で、あと1年もしないうちに閉経する可能性が高い…と言われる有様でした。
この病院のドクターからは『40歳を過ぎてるというだけで着床率は格段に低くなるのに、その上、この検査結果では治療しても妊娠は難しい』とハッキリ言われました。
私の身体の状態から、最初から体外授精での治療となりましたが、やはりHMGを多量に投与しても 殆ど卵子は育たず、なんとか採卵出来て移植まで行けても陰性で…。 自分でも40歳まで働き詰めで身体を酷使してきた自覚はあったので、根本的に体質改善からやり直さないと駄目だと思い、ネットで色々調べた所、辻野先生の治療院に行きあたりました。

最初の治療の日から生活・食事の改善指導もしていただき、やはり自分の選択は間違ってなかった、と思いました。
N.O.Eでの治療も、閉経が迫っている私にとっては “眠ってる卵子を叩き起こしてもらってる” という感覚がありました。そして何より、仕事・親戚関係や治療のことでストレスの多い私にとって、毎回治療中に愚痴や不安を聞いていただけたことは、精神的に楽になり非常に有難かったです。
(1)生活・食事の改善指導
(2)N.O.Eと鍼治療
(3)ストレス軽減
これが三位一体となって、総合的にいい方向へ向かっていったと思います。

辻野先生に紹介していただいた病院へ転院し、治療を始めて数ヶ月後には、胚盤胞まで育ってくれるような質のいい卵子が取れるようになりました。
そして、とうとう治療開始の約1年後に、念願の陽性反応! 治療中は なかなか結果が出ず大泣きしたこともありますが、諦めずに治療を続けて良かったと思います。
妊娠判明時に41歳、出産時には42歳になってましたが、無事に出産を終え、今は慣れない育児に悪戦苦闘する毎日です。
高齢妊娠&出産ということで、色々 心配なことはありますが、同年代で頑張っておられる方には、諦めずに治療を続けていただきたいと思います。

40代で妊娠された患者様の声(40歳)

いつでも子供はできると思っていましたが、いざ欲しいと思ってもなかなかできませんでした。
次に病院に行けばすぐにできると思っていたら、これまたできず、私には特に異常はなく原因は主人にあり、体外受精まで言われた時とてもショックでしたが、これで授かると簡単に思ってましたが、いろんな薬を服用したり注射して大変なのに、これもダメでした。
もう私には無理なのかな…と思っていると、何気にウェスティンホテルの ホームページを見ていて、辻野先生の鍼灸を知りました。
最初は半信半疑でした。治療代も高いし、本当に妊娠できるかもわからないし、電話するのを迷いに迷った結果、病院で高額な医療費を払ってることを思えば…と思い切って電話してみました。

実際、先生にお会いして、お話をしてみると、信じてみようかなと思いました。私がなかなか慣れなかったのは日常生活の送り方です。食事や体の冷え防止。特に料理の苦手な私は不安いっぱいでしたが、先生に私にでもできる簡単なレシピはもちろん、難しく考えないことを教えていただいたので、続けていけました。
先生のおかげで冷えもよくないことが身にしみてわかりましたし、医療的に主人に原因はあったけど、自分の適当な日常生活のせいで自分で妊娠しにくい体を作っていることもわかりました。

もうすぐ40歳で高齢なので不安いっぱいでスタートしましたが、NOEや鍼灸の治療ももちろんですが、先生に日常生活の改善、悩みを聞いてもらったり、ストレス発散させても らったり、文章では言い表せないくらいです。
妊娠出来た時は本当に嬉しかったです。
もうすぐ妊娠34週で産休に入ります。お腹の赤ちゃんはすくすく育ちすぎて、もう2,500g近くあるそうです。
巨大児になりそうで恐ろしいのですが、すくすく育っているのも先生方のおかげで胎内が居心地が良いからだと私は思っています。本当にありがとうございました。

40代で妊娠された患者様の声(43歳)

最近になってようやく産休をいただけるようになり、やっとお便りをさせていただくことができました。
ご無沙汰してしまって申し訳ありませんでした。
私は若い頃から生理痛が激しくて学校を休まないといけないほどだったんですが、仕事をするようになってからはマシになっていったのを良いことに、自分の体には無頓着にしようとしていたように思います。
「気にするから痛くなったり、しんどくなるんだ」と自分に言い聞かせ、突っ走ろうとしていたように思います(笑)
縁あって39歳で結婚し、すぐに子供を望んでいたのですが、なかなかできずに不妊専門クリニックで検査を受けたところ、「ひどい子宮内膜症」だと診断されました。
当時41歳で高齢ということもあり、「妊娠の見込みはほとんどない」とも言われてしまいました。
やっと結婚でき、やっと子供を望むことができたのに・・・と思わぬ宣告に落ち込み、何もする気になれませんでしたが、年下の主人から「やりきるまでは諦めないでほしい」と言われたのをきっかけに、暇さえあればネットで情報を取るようになり辻野夢鍼灸院を知りました。

「鍼灸で不妊治療?」と最初は半信半疑でしたが、相談にお伺いした時の先生のお話やお人柄に「頼ってみよう」という気持ちが湧いてきました。
治療を始めてみると、体中の血流が良くなっていくのがすぐにわかりました。
高周波トリートメントはお腹と腰に当ててもらっていましたが、体の中心から手先や足先まで血行が良くなっていく感じです。
お腹と腰しか当ててないのに、足先の体温が治療の直前と直後で5℃~7℃変わっているのは驚きでした。
治療後のポカポカも長い間続くようになっていき、もともと冷え性だった私には本当に助かりました。
約5ヶ月間はクリニックでの治療を休み、鍼灸の治療に専念しました。
「体中の血流を良くすることと、ホルモンバランスを整えることが貴方には大切だよ」という先生の言葉通り、普段の平均体温が1℃以上上がり基礎体温も2層になってきた頃合でクリニックの検査を受けたところ、クリニックの先生も驚くほど内膜症が綺麗に改善していました。
日常の体調も今までとは別人のように快調になったので、その後もしばらくの間は鍼灸の治療を続け、「そろそろ挑戦してみたら?」という先生のすすめでクリニックの治療を再開しました。
あまり薬を使わないクリニックを紹介していただき、最初の周期で採卵。内膜を整えるために1周期空けて2つのうちの1つの卵を戻して妊娠。
私でも妊娠できたことに驚きと喜びでいっぱいですが、治療の期間を通して自分の体や心への向き合い方に気づかせていただいたことは、何にも代え難い大きな財産となりました。

私が通院していた時には、辻野夢鍼灸院の受付横にある”あとにつづく皆さんへのエール”にいつも励ましてもらっていました。「いつかは自分がエールを贈れる側になる」っていうのが私の夢でしたが、今日いよいよ、その夢が叶うと思うと胸が熱くなります。
院長先生はじめ、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。