多嚢胞性卵巣の治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

多嚢胞性卵巣

クリニックや病院で、
多嚢胞性卵巣症候群だと診断されていませんか?

多嚢胞性卵巣症候群とは

多嚢胞性卵巣症候群

国内の女性の約5%の方が多嚢胞性卵巣症候群だと言われています。
一般的に卵細胞は卵胞という袋のような形をしたものに包まれており、その卵胞がある程度の大きさになります。そしてそれが破裂し、月に1つずつ排卵が行われるのですが、その卵胞が大きくなっても破裂しないことで卵巣の中に未発達の卵胞がたくさん停滞していき、十分な排卵ができない症状のことを言います。
当院の不妊治療に通っておられる患者さんの中にも、約2割の方が多嚢胞性卵巣の診断を受けておられます。

多嚢胞性卵巣症候群の症状

多嚢胞性卵巣症候群は、卵巣自体に痛みを感じたり不快感があったりするなどの症状はありません。主な症状としては次のようなもの上げられます。

  • 生理不順
  • 肥満
  • 不妊
  • 多毛・ニキビ・
    低音声など

多嚢胞性卵巣症候群の原因

多嚢胞性卵巣症候群の原因は、脳でコントロールされているホルモンや性ホルモンなどの内分泌系の異常や、膵臓が活躍する糖代謝などの代謝系の異常、内分泌系と代謝系の異常が複雑に絡んで悪循環を起こしているケースが原因として考えられています。また、それらのどれにも当てはまらないケースもあるようです。

辻野夢鍼灸院での施術方法

当院では、東洋医学的な角度から患者さん其々の体質を見極めて、そのお体に合った治療を行っていきます。
そして、そのほとんどの方が無事に妊娠されています。
科学的な治療に不安があったり、より自然な方法での治療を望まれる方は是非一度ご相談ください。

多嚢胞性卵巣の治療を受けた患者様の声(30歳)

結婚して3年。すぐに子供がほしかったのですが、なかなか授かることができず様々な不妊治療をしてきました。通っていた不妊クリニックで多嚢胞性卵巣症候群と診断を受け、その上生理不順でたくさんの薬に毎日の注射で正直身も心も疲れていました。辻野夢鍼灸院との出会いは本当に些細な偶然からだったのですが、ここの治療は他の治療とは明らかに違いました。
まず冷え性というのは自覚はあったのですが、自分が思っている以上に身体が冷えていたこと。NOEと鍼治療。加えて私生活、食生活のアドバイスもしていただきました。自分が良かれと思って食べていたものがかえって身体を冷やしていたりして。
すると、3ヶ月もしないうちから身体が暖まり変わっていくのが分かりました。信じられなかったのですが多嚢胞性卵巣も生理不順も治りました。また、不妊に はストレスもよくないと聞き、不妊の悩みはもちろん、プライベートの様々な悩み事も聞いていただき、一緒に解決してくださいました。友達に話せないことでもここでは何故か何でも話せました。些細なことでも何でも聞いていただき毎回勇気と元気を貰いました。
治療を始めて半年後、自分では夢のようですが、無事に自然妊娠で赤ちゃんを授かることができました!辻野夢鍼灸院に出会えたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございました。

不妊カウンセラー・辻野裕子からのメッセージ

辻野夢鍼灸院がウェスティンホテルの一室で不妊治療を始めた頃は、35歳から40代前半の患者様が圧倒的に多かったです。
仕事や自分のやりたい事を一生懸命やってきた人、結婚が遅かった人、妊娠を希望されている方は、そんな方がほとんどでした。
けれど、今、新患として来られる患者様は、20代後半から30代前半の人の割合が大きくなってきています。

こんなに若いのにどうして悩んでいるの?
患者様の年齢を見てびっくりしています。
その中でも一番多い疾患は、多嚢胞性卵巣。
多嚢胞性卵巣は、卵巣を覆う皮膜が厚く硬いため、成長した卵子が排卵できなくなり、出口を失った状態。
次々に成長し続ける卵子が卵巣にたまって卵巣が腫れていきます。
卵巣にたまった卵は超音波エコーで検査すると卵が真珠のネックレスのように連なって見えることから「ネックレスサイン」と呼ばれています。
はっきりした原因はわかりませんが、食生活の変化やストレスがかなり関わっているのではないかな、と私は思っています。

私が結婚したのは24歳の時。
あの頃は、結婚したら仕事を辞めて家庭に入り、家事や子育てを中心に女は家を守る、という昔ながらの考えが根強くあって結婚しても仕事を続ける人はさほど多くありませんでした。
けれど今現在、結婚しても仕事を辞める人は少なく仕事をしながら家事もやってと、本当に女性は大変な世の中になってきましたね。

また、多嚢胞性卵巣の患者さんは、とても真面目な方が多いと感じます。
若いのに凄い大変なポジションや役職について責任ある立場にいる人が多く、
みんな頑張り屋さんで一生懸命だから自分のキャパを越えても頑張っているんだなと感じています。
そのため大きなストレスがかかっているんだと思います。

また、遅くまで働いて帰ってきてもそれから食事を作る元気などありませんよね。
当然コンビニで簡単に済ませるとか甘いおやつをちょこっと食べて寝てしまう、といった生活をしてしまう人も少なくないと思います。

この現代病のような多嚢胞性卵巣。
お仕事を必死で頑張る事は悪い事ではありません。
けれど、自分の体を労り大切にして欲しいのです。
自分自身ではもう、どうしたら良いか分からず悩んでしまっている人。
まずは今、いっぱいいっぱいになっている心と体のガス抜きをしましょう。
私たちがゆっくりお話を聞きながら何がしんどかった、。何が一番辛くて苦しいのか、自分は何が大切でどうしていきたいのか、お話を聞かせてください。
心が軽くなってスッキリしたら必ず体も良くなってきますよ。

自分がストレスで体に負担がかかっている事を自覚しましょう。
心身共に楽になれば考え方も前向きになります。
物事をあれこれ頭で考えてしまう患者さんの元々の考え方を変えてみる、とかストレスが自分の体を痛めている事を知って何が一番ストレスに感じているのかを突き止めるとか、心の問題なので一人で良くしていくのは本当に難しい。
一人で悩んで苦しんでいる人がいるなら是非相談して頼って欲しいです。
辻野夢鍼灸院では薬を使わず高周波と鍼灸治療で子宮、卵巣を活性化させ、若返らせ自律神経も整えていきます。
多嚢胞性卵巣はストレスが軽減されホルモンのバランスが整えば治る疾患です。
是非一人で悩まず相談してくださいね。