2度の流産を乗り越えて、無事出産 | 大阪の不妊鍼灸治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

患者様の声

32歳(産後2ヶ月)

2度の流産を乗り越えて、無事出産

結婚して間もなく妊娠、しかし喜びもつかの間。心臓の動きが確認できないため流産という結果でした。病院の先生からは「よくあることです。赤ちゃん側に問題がある場合がほとんどです。育つ力がない受精卵だったのでしょう」と言われましたが、本当にショックでした。私の身体は別に異常もなく、今まで妊娠は望めばできると思っていたのに・・・。友人たちは順調に妊娠・出産しているのに、なぜ自分だけダメなのか。悩んだり嫉妬したりの毎日でした。その後、2度妊 娠しましたが、2度とも流産。さすがに3度続けてとなると、問題は母体にあるんじゃないかと周りからも検査を勧められました。でも、不妊治療や検査は時間や費用がかかりますよね。どうしようかと悩んでいた時にこの治療のことを知りました。半信半疑で受診しました。「腎臓と腸の動きが悪いために血の流れが悪 くなり、受精はしても受精卵に栄養が行きません。また冷えとストレスがひどいですね。子宮が冷えると受精卵は居心地が悪く流れやすくなり、ストレスはホルモンバランスを崩し、妊娠しにくくしますよ」という指摘を受けました。それから治療を開始、半年ほどして市販の妊娠検査薬で陽性反応がでました。でも「ま た流産かも」という不安と、「日を遅くして受診すれば赤ちゃんが大きくなっているかも」と思えて、なかなか産婦人科に行くことができませんでしたが、何とか受診。結果は、「赤ちゃんの心臓の動きも確認できて、無事成長しています。以前流産しているので他の妊婦以上に安静するように」とのことでした。嬉しさ の反面、どうしても頭から流産の事が離れず、検診ごとに成長している赤ちゃんの姿にホッと胸をなでおろし、次の検診までまた不安になる・・・の繰り返しでした。その後は順調に経過、そして無事に出産することができました。その瞬間やっと流産という不安から開放された気持ちになりました