どうせダメだろうと投げやりになった時もありました | 大阪の不妊鍼灸治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

患者様の声

Mさん

どうせダメだろうと投げやりになった時もありました

辻野先生 皆様

ご無沙汰しています。元気でお過ごしでしょうか。
息子が生まれて、1年半が過ぎました。
つい先日、「おかあちゃん」と言ってくれました。
この嬉しさ、なんと表現したらよいのやら。
くすぐったいような、ニヤニヤしてしまうような、そして少し淋しいような。
辻野夢鍼灸院でお世話にならなければ今日のこの日はなかったかも…と思い返しています。
何度も流産したり、不妊治療が長引くにつれ、どうせダメだろうと投げやりになったり、
逃げたくなったり、仕事を口実に体調管理をさぼったり…。
そんな時でも、先生方が私の妊娠を信じて、全力で応援して下さいました。
先生方が一生懸命に治療にあたりアドバイスを下さるのを見て、自分を信じてみよう、
前向きに取り組もうと気持ちを持ち直すことができました。
不妊治療のことは、なかなか友人にも話しづらく、
孤独になりがちですが、先生方の存在は本当に心強かったです。
ありがとうございました。
息子の成長を夫婦で喜び合ったり、両親が目を細めて笑うのを見るにつけ、
頑張ってよかったなと思っています。
第二子に向け、また治療を始めたいと考えています。
先生方にお会いするのを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いします。