心に強く思うこと | 大阪の不妊鍼灸治療 | 辻野夢鍼灸院

来院のご案内 無料カウンセリング
メニュー

スタッフブログ

心に強く思うこと

皆さん、こんばんは🌇

今日は最近私が感じる事をお話ししたいと思います。

辻野夢鍼灸院を選んで来てくださった患者様。

いつも初診のカウンセリングでは、今まで患者さんが我慢に我慢をして、体に溜めてきた思いを吐き出されます。

自分なりに一生懸命治療してきたのに全く結果がでない。

赤ちゃんがいつできるの?と親が期待したり、催促されたり。

職場の人やお友達など、自分の周りがどんどん妊娠したり。

旦那さんが、あまり不妊治療の事を理解してなくて、自分の事をわかってくれなかったり。

不妊治療がなかなか上手くいかなくなってくればくるほど、焦りが出てどんどん追い込まれて行きます。

辻野夢鍼灸院の門を勇気を出して叩いてくれた患者さんは、そんな大変な状況で1人必死で頑張って来られた患者さんばかりです。

ほとんどの方がこの初診で大泣きし、今まで我慢していた思いを私に打ち明けてくれるのです。

自分でもこんなに他人の前で、それも初対面で号泣するなんて、信じられないし

そんなつもりでは決してなかったと言われます。

みんなそんな自分にびっくりしながらも、気持ちがすっきりしました、と晴れやかな笑顔で帰っていかれます。

本当にほとんどの患者さんが号泣されるんですよ。

気持ちもパツパツで体もガチガチで、こんな状態では妊娠は遠退くばかりです。

裕子先生は、たくさんの患者さんのカウンセリングをしてきましたが、彼女達が苦しんでる事を聞いてあげ、気持ちをわかってあげれる存在になりたいな、て思います。

治療すればするほど、そういう存在が必要なんだな、と感じています。

心が軽くなり、気持ちが明るくなれば体はどんどん変わっていくのを私は何人も見てきています。

1人で悩み苦しんでるいる人、1人でなかなか抜け出すのは難しいですよ。

専門的な知識がある中で患者さんと一緒に悩み、患者さんにとってどの方法が一番最適かを考えてあげたいです。

今、辻野夢鍼灸に来てくださる多くの新しい患者さんと接し、そういう思いがとても強くなってきていると同時に、

少しでもお役に立てる存在になれればいいな、て思います。